八女西部斎場東原園

 八女西部斎場東原園では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、施設利用に際しての制限をお願いしております。

 故人様との最後のお別れができないご遺族様がいらっしゃることは、大変つらいことと存じますが、ご協力をお願いいたします。

 1.ご遺族様へのお願い(PDFファイル; 305KB)

 2.新型コロナウイルス感染症で亡くなられた故人様のご遺族様へのお願い(PDFファイル; 88KB)

 

八女西部斎場東原園は、八女西部広域事務組合が設置し、管理運営する火葬場です。

所在地 八女市今福字東原1356番地1
TEL・FAX 0943-24-4404 
受付時間 午前9時から午後4時まで 
閉園日 1月1日及び1月2日(施設の工事等で臨時に閉園することがあります。)
※閉園日には火葬は行いませんが、火葬予約の受付は行います。

施設使用料等

区分

単位

使用料 (単位:円)

死亡者が旧八女市、旧立花町、筑後市、広川町の居住者であった場合

左以外の場合

大人

(12才以上)

1体

2,000

50,000

小人

(12才未満)

1体

1,500

35,000

死産児

1体

800

20,000

人体の一部、汚物等

1件

500

10,000

安置料

1日

1,000

3,000

告別室使用料(儀式用)

1回

10,000

50,000

 備 考

 1 改葬のために使用する火葬使用料は半額とする。 

 2 利用にあたっては、事前に予約が必要です。

 3 次の証明書の交付手数料は300円です。 

  ⑴ 火葬場使用許可証の写しの証明書

  ⑵ 火葬及び分骨証明書

ご遺族の皆様へのお願い

貴重品について

貴重品は、必ずご遺族で保管いただきますようお願いします。万が一、紛失、盗難に遭われても、八女西部広域事務組合では責任を負いかねます。

火葬中の外出について

火葬中の外出はお控えくださいますようお願いします。収骨の時間になってもご遺族がそろわないなどの理由で収骨の時間が遅れますと、火葬業務に支障が生じますので、ご協力をお願いします。

ごみの持帰りについて

待合時間中に発生したごみは、責任を持ってお持ち帰りいただきますようよろしくお願いします。

心臓ペースメーカーについて

心臓ペースメーカーは、火葬時に破裂する危険があります。火葬前に必ず斎場事務所までお知らせください。

納棺の際の副葬品について

納棺の際に故人の思い出の品物を納められるときは、必要最小限にとどめていただき、その場合には足元などのご遺体から離れた場所にお納めいただくようにお願いします。

また、次に掲げる副葬品は、焼骨及び火葬炉の損傷、不完全燃焼の原因となりますので、棺の中にお納めにならないようにお願いします。

副葬品の具体例

予想される影響

  • プラスチック、化学繊維製品

(例) テニスラケット、おもちゃ、人形、釣竿、杖、ゴルフボールなど

  • 焼付きによる焼骨、火葬台車の損傷
  • 急激な燃焼による火葬炉の損傷
  • ガラス製品、金属類

(例) めがね、一升びん、ワンカップ酒、宝石、補聴器、ゴルフクラブなど

  • 焼付きによる焼骨、火葬台車の損傷
  • 破裂等による焼骨、火葬炉の損傷
  • 燃焼の妨げとなる燃えにくいもの

(例) 厚手の書籍、大型の寝具、衣類等、大きな果物(スイカ、メロン、リンゴ)など

  • 火葬時間の延長
  • 不完全燃焼による発煙
  • 燃焼に伴う危険物

(例) スプレー、ガスライター、電池など

  • 破裂等による焼骨、火葬炉の損傷

 

死体埋火葬許可証を紛失した時 

火葬後にお渡しする「死体埋火葬許可証」は納骨されるときに必要となる大切な書類です。紛失防止のため、骨壺を収める木箱に入れてお渡ししています。

万一紛失されても再発行は出来ませんが、その書類に替わるものとして「火葬場使用許可証」の写しを原本証明書として発行します。

 

証明手数料は1通300円です。 

 

「死体埋火葬許可証」を紛失されたときは、「火葬場使用許可証の写し交付申請書」を八女西部広域事務組合に提出してください。

申請される場合は、事前にお問い合わせください。

(八女西部広域事務組合℡0942-52-7536)

 

なお、納骨先によっては、「火葬場使用許可証」の写しだけでは受け付けてもらえない場合があります。その際には納骨先にご相談の上必要書類をご確認ください。 

 

火葬場使用許可証の写し交付申請書(DOCファイル; 39KB)

火葬場使用許可証の写し交付申請書(PDFファイル; 81KB)

分骨手続き

 分骨とは、火葬後の焼骨を複数に分けて墓地等に埋蔵することです。分骨した焼骨を埋蔵する際には分骨証明書が必要となります。

火葬される前までに「火葬及び分骨証明書交付申請書」を提出し、職員が分骨されたことを確認した後に証明書を発行します。

 

証明手数料は1通300円です。

 

申請される場合は、事前にお問い合わせください。

(八女西部斎場東原園℡0943-24-4404)


既に遺骨を納められている場合は、墓地又は納骨堂の管理者にご相談ください。

 

火葬及び分骨証明書交付申請書(DOCファイル; 38KB)

火葬及び分骨証明書交付申請書(PDFファイル; 77KB)

 

 

 

八女西部斎場東原園

施設の概要

現在の施設は、昭和54年9月に竣工し、昭和54年10月から稼働しています。

  1. 延床面積  972.14m²
  2. 建設構造  鉄筋コンクリート造り平屋建
  3. 告別室   2室
  4. 拾骨室   2室
  5. 待合室   5室
  6. 火葬炉数  7基(うち大型炉1基・汚物炉1基を含みます。)

パンフレット

表紙(PDFファイル; 548KB)

ごあいさつ・事業概要(PDFファイル; 480KB)

建築・火葬炉(PDFファイル; 966KB)

配置図(PDFファイル; 413KB)

地図(PDFファイル; 277KB)

Get ADOBE Reader

 PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe ReaderTM(別ウインドウが開きます)プラグインが必要です。
Copyright(c)Yame Seibu Regional Addoministrative Association, All Right Reserved.